子供 身長

子供の身長に差がある理由とは?

同じ学年の子でも身長の高い子低い子がいますよね。でもなんで子供の身長に差があるのかご存知でしょうか?

 

これはですね、成長ホルモンの分泌量が大きく関わっているんですね。

 

成長ホルモンはバランスの良い食事、運動に睡眠時間とこの3つを意識することで分泌を促進することが出来ます。

 

今でも身長は遺伝が関係しているとよく言われていますが、遺伝だと諦めなくても良いんですよ。

 

成長ホルモンの分泌を促進

子供の身長を伸ばすには成長ホルモンが必要なのです。

 

では、元々身長の低い子はどうしたら多く成長ホルモンを分泌させることが出来るのでしょうか?

 

それはまず睡眠をシッカリ摂ることです。

 

寝る子は育つ!という言葉があるように、睡眠時間が少ない子は身長の伸びが良くありません。

 

睡眠中に成長ホルモンは分泌されますので、夜更かしせずにしっかり睡眠をとることがとても大事なんですよ。

 

成長ホルモンが分泌される時間はいつ?

成長ホルモンが分泌されるのは、夜の10時ぐらいから2時ぐらいまでと言われています。

 

ですので、子供のうちは遅くても夜の9時までには寝ると良いでしょう。