骨端線 身長

骨端線って何?身長にどう関わっているの?

骨端線と言う言葉を知っていますでしょうか?

 

子供の頃に骨折して病院でレントゲンを撮ると、お医者さんが骨端線があるからまだまだ身長が伸びるよ〜と言われたことがあります。

 

当時は何のことか私も分からなかったのですけど、骨端線は身長と深く関わっているんですね。

 

では一体骨のどの部分なのか?身長とどう関わっているのか解説したいと思います。

 

骨端線とは?

骨端線とは骨の中央部分と端の部分になる軟骨なんですね。

 

そしてこの軟骨が成長することで骨が伸びて身長も高くなるのです。

 

しかし、大人になるとこの骨端線は無くなってしまいます。
だから大人になると身長は伸びなくなるのですね。

 

私が子供の頃にレントゲンを撮ってお医者さんに言われたのは、この骨端線がクッキリ残っていたのでしょうね。

 

身長を高く見せる方法とは?

身長を伸ばす方法なのですが、姿勢を良くするだけでも3センチほど高く見せることが出来ます。

 

最近はスマホやゲームに熱中している子供が多いので猫背の子が増えてきてしまいました。

 

背筋を伸ばして、腹筋を鍛えると姿勢が正しくなりますので、身長も高く見えます。

 

週に2回でいいので、子供に腹筋をさせると姿勢が良くなって身長も高く見えるようになりますよ。